血圧測定器で診断している人
公開履歴
薬を持っている老人

ノルバスクと言えば、高血圧や狭心症の治療薬として、いまや、全世界的に使用されるに至っています。
第三世代カルシウム拮抗剤に分類される薬です。
メカニズムとしては、心臓や体の血管を広げることで血流を良くするのです。
血液の抵抗が減ってくることで、血圧が下がります。
また、心臓の収縮を抑えることで、心臓を休ませる作用も持っています。
1日1回服用するだけで、24時間以上、その効果が持続しますので、患者にとっても管理がしやすいというメリットがあります。
さらに、憂慮すべき副作用がほとんどなく、安心して服用できる点も、高く評価されています。
病院で医師が高血圧症と診断した患者には、まず、ノルバスクを処方するというほど、医療関係者からの信頼も厚いです。
本来は、医療機関で診察を受けて、医師からノルバスクを処方してもらうのが一般的ですが、現在では、通販や個人輸入で購入することも、法律で認められています。
中には病院に行く時間がない、病院での処方は値段が高い、との不満を持っている人が、ネットで購入する傾向があります。
確かに診察費や処方料が不要ですので、金銭的負担は少なくて済みます。
また、パソコンやスマホから購入の申し込みができますので、時間が短縮され、手間もかかりません。
中には最初に病院で診察を受け、ノルバスクを処方してもらって、その後、安定してきた段階で、薬を通販で手に入れる、という人もいます。
ただ、ネットのでノルバスク購入に関しては、注意が必要です。
たまに驚くような低価格のノルバスクが掲載されていることがありますが、もしかしたら、正規品ではない恐れがあるのです。
ネットの場合は、信頼できるサイトからの購入が望ましいです。

記事一覧

2019年10月7日

高血圧症治療薬として最も多く使用されているものの1つとしてノルバスク(アムロジピンベシル酸塩)が挙げられます。 ノルバス...

2019年9月8日

ノルバスクは医療現場でよく選択される降圧剤です。 ノルバスクは古くから使用されてきたことから、医療現場での使用経験が豊富...

2019年8月13日

ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類される高血圧治療薬であり、古くから広く用いられてきています。 その高い降圧効果と副作用...

2019年7月26日

高血圧治療に用いられるノルバスクは比較的古い降圧剤ですが、現在でも降圧目的で使用する治療薬として主流です。 その使用実績...